読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風をよんで、デカい帆をはれ!

考え続けて脳のシワを増やしていきたい。ニュース考察、仕事、音楽、読書、何でもゴチャ混ぜブログ。

MacBook Proをセットアップした備忘録

Mac

MacBook Pro(Late 2016 with Touch bar)が届きました。初Macということもあり、備忘録のためにセットアップで行ったことを記録しておきたいと思います。事前に知人から有意義な情報を頂いていたので迷いなくセットアップできました。感謝です。

OSのイニシャル・セットアップ

OSの初期設定をしますが、これについては表示される指示通りに進めれば特に問題もないので割愛します。

システムの環境設定

⌘2でLaunchpadを起動させる

アプリをキーボード入力だけで素早く起動できるようにしたいので、Launchpad起動のショートカットを登録します。

「システム環境設定」
  ↓
「キーボード」
  ↓
「ショートカット」
  ↓
「LaunchpadとDock」

「Launchpadを表示」に⌘2を設定します。

(使用感メモ)
会社のMac miniではLaunchpadで特に問題はないのですが、MacBook Proではどうも反応が鈍く、少しストレスです。ターミナルのショートカット起動と、ターミナルからのアプリ起動をできるようにするかもしれません。

日本語、英語入力の切り替えを⌘スペースにアサインする

同じくキーボードのショートカットについての設定なので一緒に設定してしまいます。

「ショートカット」
  ↓
「入力ソース」

「前のソースを選択」に⌘スペース、「入力メニューの次のソースを選択」に⌥⌘スペースを設定します。

この時、Spotlightのショートカットと競合するのでそちらのアサインも変更します。

「ショートカット」
  ↓
「Spotlight」

「Spotlight検索を表示」に⌥スペース、「Finderの検索ウインドウを表示」に⌥⇧スペースをアサインします。

caps lockキーにcontorlをアサインする

US配列のキーボードで購入したため、Aの左にcaps lockキーがありますが、ここにcontrolキーをアサインします。US配列のcontrolキーは使いづらい配置ですし、逆にcaps lockはキーの存在自体が不要です。仕事ではHHKB Lite2を使用しているので、そちらと配列をなるべく揃える目的もあります。

「システム環境設定」
  ↓
「キーボード」
  ↓
「キーボード」
  ↓
「修飾キー」

「Caps Lockkキー」の項目を「ˆControl」に変更します。

シングルタップをクリックとして扱うようにする

トラックパッドのシングルタップをクリックとして扱うように設定します。

「システム環境設定」
  ↓
「トラックパッド」

「タップでクリック」の項目のチェックを入れます。

アプリのインストール

Xcodeをインストールする

AppStoreを起動し、Xcodeをインストールします。これも特筆すべきことはないので、詳細は割愛します。

Command Line Toolsをインストールする

後述のHomebrewを使用するため、Command Line Toolsをインストールします。Xcodeをインストール済みなので、ターミナルを起動して、以下のコマンドを実行すれば完了です。

$ xcode-select --install

Homebrewをインストールする

HomebrewMacのパッケージマネージャで近頃の定番のようです。リンク先の公式サイト記載のコマンドをターミナルで実行します。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールが完了したら、バージョンを確認しておきます。

$ brew -v
Homebrew 1.1.1
Homebrew/homebrew-core (git revision d0fe; last commit 2016-11-22)

最後にHomebrewに異常がないか診断します。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

Homebrew-Caskをインストールする

Homebrew-CaskはHomebrewの拡張で、Homebrewをよりシンプルにしてくれるようです。インストールするにはターミナルで以下を実行します。

$ brew install caskroom/cask/brew-cask

以下、Homebrew-Caskでインストールしたものについては、アプリの簡単な説明と実行したコマンドのみ記載します。

xQuartzをインストールする

以前のOSにはX11というアプリが付属していたようなのですが、Lion以降なくなったようです。ですが、これがないとX Window Systemを使ったアプリは動かないようなので、代替のxQuartzをインストールします。

$ brew cask install xquartz

Google日本語入力をインストールする

定番IMEのひとつですね。Windowsでも愛用していましたのでMacでも使いたいと思います。

$ brew cask install google-japanese-ime

Google Chromeをインストールする

定番ブラウザ。優秀なChromeアプリがあって重宝していますのでブラウザはこれ一択です。

$ brew cask install google-chrome

Scroll Reverserをインストールする

マウスのスクロールがWindowsと逆で馴染めない違和感を解消してくれます。

$ brew cask install scroll-reverser

FinderPathをインストールする

Finderにアドレスバーを追加できるソフトです。Homebrewでは見つからなかったので、こちらの記事を参考にさせて頂きながらインストールしました。

www.softantenna.com

Clipyをインストールする

クリップボードの管理ソフトです。スニペットも登録できるようなのでそちらは追々やっていきたいです。

$ brew cask install clipy

Stufflt Expanderをインストールする

圧縮ファイルの解凍ソフトです。これはHomebrewでは見つからなかったのでAppStoreからインストールしました。

Javaをインストールする

Androidアプリの開発に必須です。最新のJavaをインストールしたい場合は以下を実行します。

$ brew cask install java

バージョン指定したい場合はjavaのあとにバージョン番号を足せばインストールできるようです。

$ brew cask install java6

インストールされているJavaのバージョンは以下のコマンドで確認できます。

$ java -version
java version "1.8.0_112"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_112-b16)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.112-b16, mixed mode)

Android Studioをインストールする

Androidアプリの統合開発環境です。

$ brew cask install android-studio

Atomをインストールする

多機能エディタです。Rails書くときなどに使ってます。

$ brew cask install atom

Slackをインストールする

定番のチャットツールです。仕事で使います。

$ brew cask install slack

SourceTreeをインストールする

GitHubクライアントです。

$ brew cask install sourcetree

Evernoteをインストールする

今更説明不要のクラウドノートですね。

$ brew cask install evernote

Todoistをインストールする

定番のTodo管理ツールのひとつです。Homebrewでは見つからなかったのでAppStoreからインストールしました。

Adobe製のソフトをインストールする

Adobe製品はCreative Cloudからインストールしますので、まずCreative CloudをHombrew-Caskでインストールします。

$ brew cask install adobe-creative-cloud

インストール完了後、Creative Cloudから以下をインストールしました。

その他

プログラミング用のフォントをインストールする

プログラマにとってフォントは大切な仕事道具ですので、好みのフォントをインストールします。フォントもHomebrewでインストールできるんですね。恐ろしやHomebrew。

$ brew tap sanemat/font
$ brew install ricty




取り敢えずこれで一通りの環境は揃えられたと思います。使っていくうちに増減あったら追記していこうかと思います。