読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風をよんで、デカい帆をはれ!

考え続けて脳のシワを増やしていきたい。ニュース考察、仕事、音楽、読書、何でもゴチャ混ぜブログ。

Auido : 電源ケーブル作成!

Audio 電源ケーブル

ジャズベーシストとして活躍している友人からの依頼で電源ケーブルを作成致しました。現状の音に不満があるわけではなく、「とりあえず電源ケーブルを交換してみたい」ということだったのでCP重視で材料を選びました。

部品の選定

CPのみを追い求めるならケーブルはフジクラのCV-S一択です。一番太いCV-S 5.5を選んでも713円/mで、信じられないほどパワフルな音が出ます。ただ、こいつは硬くてとても取り回しが悪いんですね。家庭内の据え置きですら困るくらいですから、あらゆる場所での使用を考えた時には不向きです。本人にも確認しましたが、取り回し易いほうが良いとのことだったので、柔らかいケーブルを選ぶことになり、我が家のSOULNOTE sa1.0の電源ケーブルにも使用しているL/i50にしました。

Oyaide L/i50

L/i 50 - 自作用ケーブル・BOX - 電源アクセサリー - オーディオ / 映像 :オヤイデ電気オンラインショップ

次にコネクタの選定ですが、IECプラグはCP重視でSCHURTER 4781一択です。

SCHURTER 4781

4781 - 電源プラグ・コネクター - 産業用電線/資材 :オヤイデ電気オンラインショップ

電源コネクタはHubblleの8115Vとしました。ホスピタルグレードは必須と決めていたのですが、これは形状が四角く、丸型のものよりコンセントに挿した時に幅を取りません。使う環境が想定しきれないので省スペース化の意味もあってこれにしました。

Hubblle 8115V

HBL 8115V - 電源プラグ・コネクター - 各種コネクター類 - オーディオ / 映像 :オヤイデ電気オンラインショップ

ケーブルの作成

電源ケーブルの作成はハンダも要らないのでプラモデルを作るより簡単です。なので、工程は割愛!SCHURTER 4781に対してL/i50の芯線が若干太くて挿れにくかったですが、ぎりぎりセーフです。完成形がこちら。

f:id:thevoyagers:20150209213506j:plain

Hubblleの真っ白なコネクタがステージで目立つとよろしくないので熱収縮チューブで覆ってしまいました。

f:id:thevoyagers:20150209213509j:plain

動作確認のため、我が家のsa1.0に繋いで火を入れます。せっかくなので本人が演奏しているCDで試聴しましたが、バランス良く柔らかい音が鳴ります。ベースという楽器に絞ればきっちりハイも出て輪郭がハッキリします。繊細な彼のプレイに合っているのではないかと思うのですが、こればかりは当人が気に入ってくれることを願うばかりです。

さて、実はsa1.0に普段繋いでいる電源ケーブルはほぼコレと同じで、違いはIECプラグがMarincoの320IEC15である点だけなんです。なので大体音の予想はできておりましたし、実際ほぼ同じ音なんですが、なんかいつもより音がクリアで透明感があります。淀んだ空気が透き通った感じです。オーディオにまったく興味のない妻も同じ感想のようです。部品価格的にはウチのケーブルのが贅沢なんですが…まさかMarincoがSCHURTERに負けるとは…悔しいです。これは電源ケーブルを作りなおさなければいけませんw

まったく困りましたww