読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風をよんで、デカい帆をはれ!

考え続けて脳のシワを増やしていきたい。ニュース考察、仕事、音楽、読書、何でもゴチャ混ぜブログ。

Disk Review : Still Casual / Walter Smith III

Disk Review Jazz Walter Smith III

f:id:thevoyagers:20150201122738j:plain

Walter Smith III : Tenor Saxophone
Taylor Eigsti : Piano
Matthew Stevens : Guitar
Harish Raghavan : Bass
Kendrick Scott : Drums
Ambrose Akinmusire : Trumpet on #3,7,9

  1. Foretold You
  2. Kaleidoscope
  3. Something New
  4. Apollo
  5. Greene
  6. Processional
  7. Fing Fast
  8. July
  9. About 360
  10. Goodnight Now

ウォルター・スミスのリーダー作で聴くのは初めてです。("Voyager : Live by Night / Eric Harland"では聴いたことがあります。)

この人はジョシュア・レッドマンやシェーマス・ブレイクと比較すると、私にはいまいちテンションの頂点が分かりにくいです。電車の中とかでかるーく聴き流しているとパッとしない感じがしてしまいます。しかし、それは聴き流しているほうが悪いのであって、ウォルター・スミスが悪いわけでは決してありません。しっかり聴きこんでみれば、流暢で巧みなプレイが縦横無尽に飛び回っているのが分かります。クールなのです。バカの一つ覚えみたいにキーキー吠えたりしません。(注:ジョシュアやシェーマスをバカ呼ばわりしているわけでは決してありませんよ 笑)

しかし、5曲目の"Greene"は、そのクールで知的な彼がとても感情剥き出しにしてプレイしています。これは銃乱射事件で愛娘を亡くしてしまったというJimmy Greene父娘に捧げられたレクイエムのようです。私の稚拙な言葉でこの曲を語ることはできませんが、心を抉られるような悲しみが感じられ、心に突き刺さります。

このアルバムは全体的にキメが多く、どれもが非常に複雑なアレンジで、プレイもアグレッシブではありますが、パワープレイにはなっていません。ハートはアツいに違いないことは想像に難くありませんが、頭はクールな状態をキープしているのだと思います。絶妙なバランスで聴き心地が良いです。演奏時間も最長で”Greene”の8分と聴きやすく、リスナーのことをしっかり考えてレコーディングされているのが分かります。今日も気がつくと最終トラック"Goodnight Now"が聴こえてきます―ウォルター・スミスの優しい音色が温かい余韻に心を委ねましょう。

Still Casual

Still Casual